シティ ゴールドカード

シティ ゴールドカードはシティカードジャパン株式会社(Citi Card Japan,Inc)が発行する本格派のゴールドカードです。

年会費は本会員が12,600円(税込)で、家族会員は無料。

入会の目安(審査基準)は「年齢25歳以上、年収400万円以上」です。

VisaブランドとMasterCardブランドから選択可能です。

グルメや、エンタテイメイントに関する付帯サービスは基本的にシティ エリートカードと同一です。

旅行に関するサービスでは若干差別化が図られています。シティ エリートカードの利用可能な空港ラウンジサービスは国内空港限定なのに対して、シティ ゴールドカードでは国内空港+海外2空港になっています。

利用可能枠については、シティ エリートカードが「30万円~100万円」とされていますが、シティ ゴールドカードは「80万円~125万円」です。

旅行傷害保険「シティアシスト」、及び、ショッピング保険「バイヤーズ プロテクション」については、シティ エリートカードを大きく上回る高い補償金額が設定されていますので、ショッピング利用金額が大きい方、旅行頻度の高い方にお薦めのカードとなっています。

以下にシティカードジャパン発行の3カードの付帯保険比較表を掲載します。

カード名称傷害死亡障害後遺障害 傷害・疾病治療費用 賠償責任 携行品損害 救援者費用
シティ エリートカード3,000万円最高3,000万円 150万円 - 30万円 50万円
シティ ゴールドカード7,000万円最高7,000万円 200万円 3,000万円 30万円 100万円
シティ プラチナカード1億円最高1億円 500万円 5,000万円 100万円 500万円

このページの先頭へ