ダイナースクラブカードは20代でも申込み可能

ダイナースクラブカード券面画像

ダイナースクラブカードの公式サイトによると、2015年7月30日現在、ダイナースクラブカードのプロパーカード(他社と提携していないカード)の入会の目安は「年齢27歳以上の方」とされています。航空会社(ANA、JAL、デルタ航空、ユナイテッド航空)、BMW、ホテルニューオータニとの提携カードも同条件です。

一方、ダイナースクラブ ビジネスカードは、「年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主あるいは従業員で18歳以上の方」を審査対象としています。

唯一、銀座ダイナースクラブカードだけは「年齢27歳以上の方で安定した収入のある方。※定職にお就きでない主婦の方も、世帯収入を入会申込書にご記入いただくことで個人会員としてお申し込みいただけます」となっています。高収入の夫を持つ有閑マダムの申し込みを想定しているのでしょう。以前は、「自家保有」「勤続年数」「年収」「役職者」等の複数の条件が設定されていましたが、シンプルな条件に変化したといっていいでしょう。

もちろん、それは審査基準が緩くなったことを意味するわけではありません。ダイナースクラブカードは現在も超ゴールド級のカードとして君臨し続けています。

2012年6月より、1.生年月日、2.税込年収、3.カード申し込み歴、4.カード利用歴、5.延滞歴の5項目の入力で発行の可否を簡易診断する「カード発行クイック診断」が利用できるようになりました。

「下手た鉄砲も数撃ちゃ当たる」方式の入会審査に頼らず、より精度の高いお申込が可能となりました。

ダイナースクラブカードのサービス

T&Eカードの先駆けとして、旅行及びエンタテイメイト分野の付帯サービスは他社を寄せ付けません。

他社ゴールドカードで利用可能な空港ラウンジは日本国内の主要空港にほぼ限られますが、ダイナースクラブカードの場合、独自に提携している海外約400ヶ所のラウンジも利用可能です。国内においても、他社ゴールドカードでは利用不可能な大韓航空のビジネスクラスラウンジが使えるという利点があります。そのサービスは、準プライオリティ・パス的な内容を備えています。

「リージャス・ビジネスワールド・ゴールドメンバーシップ(グローバル)」の初年度年会費無料特典、平河町および六本木ヒルズのアカデミーヒルズライブラリー優待サービス、リビエラマリンクラブ特別優待サービス、オンラインゴルフ場予約(GDOゴルフ)、成田空港送迎ヘリコプター優待(2012年6月30日を以って終了)などの贅沢なサービスは、当カードが得意とする分野であり、他社プラチナカードはそれを追いかけている状況です。

ダイナースクラブカードの名称の由来にもなったダイニング(グルメ)サービスも充実しており、会員の方は、「エグゼクティブ ダイニング」や「料亭プラン」、「サインレス・スタイル」、「ナイト イン 銀座」、「一休.comレストラン」、「アラン・デュカスからの招待」などを利用して、リーズナブルかつエクセレントな会食を楽しむことができるでしょう。

「料亭プラン」を利用して、一見さんお断りの高級料亭を予約したら、友人や取引先の人をびっくりさせることができるのではないでしょうか。

国内旅行傷害保険、海外旅行傷害保険は補償金額最高1億円。ショッピング・リカバリー(ショッピング保険)も年間最高500万円まで補償と遺漏がありません。


20代でも充分手に届くカードであるダイナースクラブカード。是非その付帯サービスを存分に楽しんでみてください!

ダイナースクラブカード公式サイト申し込み

このページの先頭へ