JAL CLUB EST CLUB-Aゴールドカード

JALカードは、5つの種別(プラチナ、CLUB-Aゴールドカード、CLUB-Aカード、普通カード、JALカードnavi)と、6つの提携ブランドから好きなカードを選ぶことができます。

その種別×提携ブランドの組み合わせは全部で27種類あります。

その内、学生専用カードである「JALカードnavi」3種類とJALダイナースカードを除いた残り23種類のカードについては、申込者が20代の場合、20代限定のサービスである「JAL CLUB EST」を付加することができます

例えば、JALアメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカードの申込資格(審査基準)は「日本に生活基盤のある、20歳以上で、本人に安定継続収入があり、日本国内での支払いが可能な方」となっているため、25歳の方も35歳の方も45歳の方も申し込み可能ですが、25歳の方については、「JAL CLUB EST」サービスが付いた「JAL CLUB EST JALアメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aゴールドカード」という非常に長ったらしい名前のカードにも申し込むことができるというわけです。

実際には、30歳になる誕生月の4ヶ月前の月末まで申し込み可能です。例えば、誕生月が12月の場合は、8月末日まで申し込み可能です。

社会人になると、出張で航空機に搭乗する機会もありますし、金銭的余裕ができて、プライベートで旅行する機会も多くなるでしょう。

JAL CLUB ESTには、20歳代の社会人にとってお得な特典が多数用意されています。若干年会費は高くなるのですが、それに倍する特典が享受できます。以下でそのサービス内容について詳述します。

JAL CLUB ESTの年会費

JAL CLUB EST単体の年会費は申し込むカードの種別によって異なります。

一般カード、CLUB-Aカードは5,250円、CLUB-Aゴールドカード、プラチナは2,100円となっています。

但し、一般カード、CLUB-Aカードは、デフォルトでは「JALカードショッピングマイル・プレミアム」(年会費3,150円)に未入会です。JAL CLUB ESTに加入すると、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」に自動入会となりますので、一般カード、CLUB-Aカードにしても、JAL CLUB EST単体の年会費は2,100円と見ていいでしょう。

カード年会費(税込) 普通カード CLUB-Aカード CLUB-Aゴールドカード プラチナ
2,100円
※JAL アメリカン・エキスプレス・カードは6,300円
10,500円 16,800円
※JAL アメリカン・エキスプレス・カードは19,950円
32,550円
CLUB EST年会費(税込) 5,250円 5,250円 2,100円 2,100円

JAL CLUB EST会員限定の特典

サクララウンジを年間3回利用可能

JAL CLUB EST会員には、JALグループ(*)の国内線利用時に、「サクララウンジ」を利用できる電子クーポンが年間3回分プレゼントされます。

JALの「サクララウンジ」といえば、JALマイレージバンクの上級会員、及び、国内線ファーストクラス利用者に開放されているラウンジですね。羽田空港のサクララウンジのみ一般の方にも開放されていますが、利用1回につき3,000円もかかります。

JAL CLUB EST会員は、年間3回まで無料で利用できるわけですから、これだけでも9,000円相当の価値があることになりますね。JAL CLUB ESTの年会費2,100円はサクララウンジ利用1回で回収できることになります。

しかも、JAL CLUB EST会員の同伴者1名も無料で入室できます。

サクララウンジの利用に際しては、航空券予約時に「お得意様番号」を登録し、ラウンジ設置のリーダーに搭乗券またはeチケットお客様控えの2次元バーコードをタッチする必要があります。特典航空券で搭乗する場合も利用できます。

20代の社会人の方はまだ搭乗実績も少ないでしょうから、JMBの上級会員になるのは難しいでしょう。また、金銭的余裕も乏しいでしょうからなかなかファーストクラスに乗ることは難しいでしょう。しかし、JAL CLUB ESTを利用すれば20代にしてJALの上質な空港ラウンジサービスを受けることは可能となります。

(*) JAL、JTA、JAC、RACの国内線が対象です。ジェットスター・ジャパン運航のJAL国内線コードシェア便は対象外です。

クラスJ-eクーポンを毎年10区間分プレゼント

「クラスJ」は、国内線の運賃プラス1,000円で利用できるクラス。

普通席と比べると、前後の座席幅(ピッチ)、シート幅、肘掛幅いずれもゆとりのある設計となっており、ドリンクサービスも、普通席では提供されない「こだわりドリンク」が提供されます。

「クラスJ」利用時はフライトマイルも10%加算されます。

JAL CLUB EST会員には、普通席からこの国内線「クラスJ」にアップグレード可能な電子クーポン(クラスJ-eクーポン)が年間10区間分プレゼントされます。

単純計算で10,000円相当の価値がありますね。

JALグループの国内線に年に数回搭乗される方はすぐにJAL CLUB EST年会費の元が取れるでしょう。

なお、クラスJ-eクーポンを利用するには、JMBマイル積算対象運賃で搭乗しなければいけません。特典航空券で搭乗される場合は利用できませんので注意してください。

JALビジネスクラス・チェックインカウンターの利用が可能

JAL CLUB EST会員の方は、JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用可能となります。

エコノミークラス普通運賃、エコノミークラス割引運賃(エコノミーセイバーフレックス、エコノミーセイバープレミアム、エコノミーセイバー、ダイナミックセイバープレミアム、ダイナミックセイバー、週末ステイ、PEX運賃など)、特典航空券で搭乗される場合であっても、JALビジネスクラス・チェックインカウンターが利用できます。

ツアー客で混雑必至のエコノミークラス・チェックインカウンターを横目にスムーズなチェックインができますね。

この特典は、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナのJALカードをお持ちの方にも提供されているサービスですが、JAL CLUB EST会員の場合、普通カードであっても利用できます。

JAL CLUB EST会員期間に貯めたマイルの有効期限は60ヶ月に延長

通常、JALマイルの有効期限はマイル獲得月から36ヶ月後の月末までですが、JAL CLUB EST会員期間中に貯めたJALマイルについては60ヶ月後の月末まで延長されます。

まだ、20代の社会人の場合、毎月のクレジットカード利用金額も搭乗会数もそれほど多くないと思いますから、3年の有効期限のうちに希望の特典航空券に交換するのは困難かもしれません。しかし、5年の有効期限であれば、従来よりも希望の特典航空券に近づくことができるでしょう。

学生限定のJALカードnaviについては、有効期限が無期限ですから、JAL CLUB ESTは、JALカードnavi(マイルの有効期限無期限)とJALカード(マイルの有効期限3年)の間の橋渡しのカードとして機能するでしょう。

JAL CLUB EST限定ボーナスマイルが加算

JALカード会員は、入会後最初の搭乗時に「入会搭乗ボーナス」、翌年以降の毎年最初の搭乗時に「毎年初回搭乗ボーナス」、搭乗毎に「ご搭乗ボーナス」を獲得できますが、20代限定のサービス「JAL CLUB EST」に入会している場合は、JALカード限定ボーナスに加えて「JAL CLUB EST限定ボーナスマイル」も獲得できます。

例えば、JAL CLUB EST JALカード TOP&ClubQ CLUB-Aゴールドカードの会員は、入会搭乗ボーナスが6,000マイル、毎年初回搭乗ボーナスが3,000マイル、ご搭乗ボーナスが区間マイルの+30%にもなります。

JALカード限定ボーナス JAL CLUB EST限定ボーナス
普通カード CLUB-Aカード
CLUB-Aゴールドカード
プラチナ
入会搭乗ボーナス1,000マイル5,000マイル +1,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス1,000マイル2,000マイル +1,000マイル
ご搭乗ごとのボーナス区間マイルの10%プラス区間マイルの25%プラス 区間マイルの5%プラス

JALカードショッピングマイル・プレミアムに自動入会

冒頭でも述べたように、JAL CLUB ESTに入会すると、「JALカードショッピングマイル・プレミアム」(年会費3,150円)に自動入会となります。

普通カード、CLUB-Aカードであっても、JAL CLUB ESTに入会すれば、ショッピングマイル換算率が100円=1マイルになります。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード、JALダイナースカード、JALカードOPクレジット、JALカードSuica以外のJAL CLUB ESTについては、JMB WAONクレジットチャージでも「JMB WAON カードチャージボーナスマイル」が積算されます。

このページの先頭へ