三井住友VISAプライムゴールドカード

三井住友VISAプライムゴールドカードデザイン画像

三井住友カード株式会社が発行する20代限定のゴールドカードが、三井住友VISAプライムゴールドカードです。

このカードに申し込みできるのは、満20歳以上30歳未満の安定継続収入のある方となっています。学生のアルバイト収入は通常「安定継続収入」とは見做されませんので、学生の方が当カードに審査に受かるのは至難かと思います(学生起業家は除く)。そして、満30歳になった後、最初のカード更新時に「三井住友VISAゴールドカード」に審査の上、切替(ランクアップ)となります。

三井住友VISAゴールドカードの入会資格は「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっているため、20代では原則として申し込むことができません。そのために、20代向けのヤングゴールドカードとして三井住友VISAプライムゴールドカードが用意されています。

現在、ゴールドカードの規律が緩んでいます。MUFGカード ゴールドなどのように年齢制限のない、低年会費のゴールドカードが氾濫しています。そのなかにあって、三井住友VISAゴールドカードは従来からの規律を維持しています。その規律が三井住友VISAゴールドカードならびに三井住友VISAプライムゴールドカードのステータスの源泉となっています。輝かしいゴールドカードの存在がなければ、ヤングゴールドカードの必要性も生じませんから。

三井住友VISAプライムゴールドカードは年会費5,000円(税抜)かかりますが、「WEB明細書+マイ・ペイすリボコース」を申し込めば年会費がたった1,500円(税抜)になります。年会費1,500円(税抜)で三井住友ゴールドカードと同等の空港ラウンジサービスが提供され、国内・海外ともに最高5,000万円の旅行傷害保険が適用されます。

最強のヤングゴールドカードといっていいでしょう。

なお、三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行(旧UFJ店の口座保有者)の口座保有者並びにみずほダイレクト契約者は、入会申し込み手続きが全てインターネット上で完結する「完全オンライン入会」(支払口座設定のための署名・捺印不要)を利用することができます。口座引落設定のための書類の郵送期間が省かれるため、カードのスピード発行につながります。

このページの先頭へ