三井住友銀聯カード

三井住友銀聯カードは、中国への旅行時に役立つ「銀聯 Union Pay」ブランドのクレジットカードです。

銀聯の加盟店は大都市から地方の中小都市に至るまで約200万店(2010年9月現在)と言われています。

大都市のホテルや外資系スーパー、高級レストランなどでは便利なVISA、MasterCardブランドの三井住友VISAプライムゴールドカードも、小規模店舗、地方都市の店舗では利用不可能なことが多いです。そのような店舗でも銀聯ブランドのカードは利用可能なことが多いため、中国への旅行時は銀聯カードは必携です。


三井住友銀聯カードの海外事務手数料は2.5%。支払い方法は「1回払い」のみで、毎月月末締めの翌月26日の払い、もしくは、毎月15日締めの翌月10日のいずれかを選択できます。

三井住友銀聯カードの利用1,000円毎にワールドプレゼントのポイントが1ポイント貯まり、これは三井住友VISAプライムゴールドカードのポイントと合算が可能です。

カードデザインは「大陸」と「パンダ」のいずれかを選択できます。

三井住友銀聯カード大陸デザイン 三井住友銀聯カードパンダデザイン

三井住友銀聯カードは、三井住友VISAプライムゴールドカードとは独立したカードで、三井住友VISAカード会員以外の方も発行が可能です。

しかし、キャッシングができない、海外事務手数料が少し割高(2.5%)という弱点もあるので、中国を訪れる際は三井住友VISAプライムゴールドカード+三井住友銀聯カードという2枚持ちがお薦めです。

このページの先頭へ